ニューヨークフィルムアカデミーは、映画『レッド・オクトーバーを追え』のプロデューサーとして知られるジェリー•シャーロックが、自らの体験をもとに、実践的なスタイルで映画制作を学ぶ、業界のプロに学ぶ学校として、1992年、ニューヨークに設立しました。

映画制作を学ぶにはとにかく実際に作ってみるのが最短、最良の方法であるという理念のもと、従来の映画学校の指導法に多くのユニークな撮影実習を組み込んだ、独自のカリキュラムを開発しました。生徒ひとりひとりが、脚本を書き、監督となり、演出、撮影、編集をこなし、オリジナルのショートフィルムを仕上げます。撮影現場を数多く体験することで、より実践的な技術と知識を身につける、革新的な映画学校としてアメリカ全土から注目を集めました。

その後、映画学部に加え、アクティング学部、ビジュアルアーツ学部、パフォーミングアーツ学部が開設されました。全ての学部は「とにかくやってみる」をモットーに、実践重視のカリキュラム構成となっており、プロ仕様の機材と設備を完備した学習環境を提供しています。

1992年設立以来、米国内外に5つのキャンパスをオープンしました。ニューヨーク校、ロサンゼルス校とサウスビーチ校 (フロリダ)では学位取得プログラム (大学、大学院、短期大学)専門プログラム (1年、2年)短期ワークショップを開講、オーストラリア校、フィレンツェ校では、専門プログラムと短期ワークショップを開講しています。また、夏季にはアメリカ国内、ヨーロッパ、アジア各地でサマープログラムを開催しています。

New York, NY Los Angeles, CA South Beach, FL
Harvard University Gold Coast, Australia Florence, Italy
Paris, France Shanghai, China Beijing, China
Moscow, Russia Amsterdam, Netherlands

ACADEMY PHILOSOPHY
理 念

今日、最も重要なアートフォームは映像だと言っても過言ではないでしょう。個人が、コミュニティが、国が、その最も深遠なビジョンを映像という媒体を通して、常に世界に向け発信し続けています。また、日々進化するアニメやビデオゲームの分野はクリエイターに彼らの才能を発揮する新しい舞台を作り続けています。そして、当学もこのような日々進化し続けるビジュアルアートの発展とともに成長し続けていきたいと考えています。

映画制作、プロデューシング、アクティング、ゲームデザインを含む全てのプログラムは、集中的なカリキュラムが特徴です。徹底した実践重視をモットーに生徒ひとりひとりの創造性を育む環境作りを心がけています。

エンタテイメントは多くの人達との共同作業で作り上げていきます。そこにいる全員が全ての作業を積極的にこなしていかなければなりません。複雑なプロダクションの工程を通して築き上げられる組織力、リーダーシップ、ライティング、クリティカル•シンキング(批判的思考)などのスキルは生徒の将来に多いに役立つ、大きな財産になると信じています。

online-brochure-btnapply-online-btn

[insert_php]include(‘https://www.nyfa.edu/include/functions/inforequestform/form.php’);[/insert_php]